Bird on Wire


暮らし木ノ花の麦わらバッグ、窓辺に音符を並べたようにディスプレイしています。

今日、ふと電線に止まった鳥のイメージもしました。

随分前に「バード・オン・ワイヤー」という曲があったと、ふと言葉のイメージが重なり

久々にレナード・コーエンのライブで聞きました。

渋い歌声で切々と。どんな歌詞なんだろう。きっと心に響き渡るんだろう。

今日の収穫だとせっせと意訳のホームページを検索しました。

う~ん、その歌詞は自責の念に駆られた…

う~ん、こっちまで自責してしまいそうな。幾通りも意味が取れそうな歌詞です。

興味のおありの方はYouTubeと下記の歌詞でお楽しみください。

https://www.youtube.com/watch?v=boMZEe9v_SA

電線に止まる鳥のように

真夜中に群れて歌う酔っ払いのように

自分なりに自由であろうとしてきた 釣り針に掛けられたミミズのように

古めかしい本から抜け出した騎士のように ぼろぼろになった勲章をあなたのために守り通した もしも、もしも私が思いやりに欠けていたとしたら

できればただ見過ごしてもらえないだろうか

もしも、もしも私が誠実と公正に欠けていたとしたら

それはあなたに対してではなかったと分かって欲しい 死産の赤子のように

角を持つ獣のように

手を差しのべてくれるすべての人を(意図せずに)傷つけてきた

だが、この歌にかけて誓う 犯したすべての間違いにかけて誓う

あなたにそのすべての埋め合わせをすると 松葉杖をついた乞食に出会った

「そんなに多くを求めちゃいけないよ」と彼は言った

暗い戸口にもたれた綺麗な女に出会った

「ねえ、もっとたくさん求めてよ」と彼女は泣き叫ぶように言った 電線に止まる鳥のように

真夜中に群れて歌う酔っ払いのように

私は私なりのやり方で自由であろうとしてきた

最新記事
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
木ノ花のYOUTUBE、Facebook、Instagramはアイコンよりご覧いただけます。素敵な帯結など紹介しています。チャンネル登録お願いします。
  • YouTube
  • 木ノ花
  • 木ノ花

LINE@

木ノ花情報をお届けします

・イベント情報

・きもの豆知識

・新商品

​などなどいち早くお届け致します!

​Mail Magazine

information